マイホーム購入の相談相手がいない方へ。
マイホーム購入の相談相手がいない方へ。
マイホームの疑問やお悩みありませんか?
マイホームの疑問やお悩みありませんか?
無料でFPに相談する

こんなお悩みありませんか

男性によくあるお悩み

・自分で予算を考えてみたが、考え方があっているかをプロに聞きたい。
・家を買おうと思うが、予算がいくらくらいで考えればいいかを教えてほしい。
・本当に購入に踏み切って良いかを確認したい。
・仮審査は通っているが、本当にそんなに借りていいか確認したい。
・こどもが小学生までには家を買いたい。いくらくらいの家なら買っても大丈夫かを知りたい

女性によくあるお悩み

・子供が産まれた。いつかは家を買いたいが、いつごろに、いくらくらいで買えばいいかわからない。
・このまま賃貸か、購入か、どちらが良いかを相談したい
・今は共働きだが、夫単独の収入でゆとりをもった生活をしつつ、ローン返済できる金額がいくらくらいなのかを知りたい。
・妻は購入希望だが、夫は賃貸のまま希望。どうしたらいいかを相談したい。
・購入を決めたが、本当に大丈夫なのか相談したい。

よくあるお困りごと

・このまま家を買っていいものか悩んでいる
・マイホームの予算が適正か確認して欲しい
・住宅ローンの支払いは無理がないか教えて欲しい
・子どもが生まれても支払いに問題はない?
・住宅の売り手ではない第三者のFPに意見をもらいたい

自分たちだけで住宅購入を進めた場合のよく聞く失敗例

予算が身の丈に合わず高すぎると家計と家庭が破綻することも?

・自分の想定に漏れがあり、予定通りの生活が送れない
・予算を誤り、生活がカツカツ
・ノリで家を買ってしまい後悔
・不動産屋と銀行の言いなりで多額のローンを借入し、転職したくてもできないし、独立したくても会社から離れられない。定年まで辛くても働き続けるしかない。
・周りに流され収益物件や投資をして、いざマイホームを買おうとしたら審査が通らない。
・こどもに希望通りの教育を与えられない。
・フルタイム勤務を辞めて、パートになりたいが、ローン支払いがあるためやめられない。
・まわりが素敵なマイホームを買ってうらやましいと思うまま、いつまでも賃貸に住み続ける。
・2人目が欲しいと思うが、ローンと教育費を考えると一人っ子しか選択できない。
・家は立派だが、旅行や趣味に使うお金がなく、思い描いていた豊かな生活が送れているとは思えない。

マイホーム購入で一番多い失敗は予算オーバーです。住宅購入の適正な予算は「借りられる住宅ローン」でも「返せる住宅ローン」でもありません。適正な予算とは住宅ローン、固定資産税、火災保険、管理費・修繕費、駐車場代を支払っても、家計にゆとりのある状態を維持できる金額のことを指します。

子どもが赤ちゃんであったり、幼児の間はそれほどお金はかかりません。しかし、子どもの成長ともに、被服や習い事、食費など子供関連の支出が増加します。お金がカツカツになると、夫婦仲が険悪になったり子どもに厳しく接したりと、ポジティブな要素はありません。帰省や旅行、ちょっとした外出や外食のお金にも汲々とするために、家を買ったのではないはずです。

無料でFPに相談する

なぜマイホーム購入で失敗する人が多いのでしょう?

・素人考えで進めてしまい、計画に穴があった。
・借入可能額と借入適正額に差があることを知らなかった。
・後先考えないでノリで進んでしまったため。
・役職定年後の年収低下とこどもの教育資金増大期が重なった。
・目先のことと少ない情報だけ意思決定してきたため、広い視野で長期的な計画を立てていなかった。
・夫婦二人だけの生活で考えてペアローンを組み、実際の子育ての大変さをリアルに想像していなかった。
・2人目を想定せずにローンを組んだため、こどもに兄弟をつくってあげたくても、多忙さと資金面からあきらめるしかない。
・金利上昇や、管理費の高騰、戸建てのメンテナンス費用の見込み忘れで想定外にマイホームにお金がかかる。

住もうよ!マイホームとは

住もうよ!マイホームは
初めての住宅購入、わからない事ばかりなので、
マイホーム購入を手伝ってほしい。とお考えの方向けのサービスです。

住もうよ!マイホームでは、住宅を販売する立場でないからこそ、客観的な立ち位置であなたの家計に無理のない住宅予算を、「あなたと一緒に」考えることができます。家を売る側は高い家の方が儲かります。適正な予算以上の住宅を購入すると、住宅ローンの支払いが過大となり、家庭の楽しみに使えるお金がなくなります。そのような状態にならないように、赤信号や黄色信号なのか、青信号なのかFPが一緒に確認することで、納得のいく予算で家を買うことができるのです。

FPに相談してから家を買うメリットは?

・一般論ではなく、自分の場合はどうなのかが明確になる。
・借入可能額と借入適正額に差があることがわかり、自分の場合はいくらなのかがわかる。
・ネット情報には適当なことが書いてあるため、どの情報を信じていいか不明。(その記事を書いている人とコンタクトが取れるわけではない)FP相談では目の前に相談できるFPがいる。
・自分のことを知り尽くしてくれるプロの相談相手を確保できるため、マイホーム購入後の人生の局面でもスムーズにお金相談ができる。
・お金のプロとつながることで、狭い情報の資産形成判断ではなく、広い視野でも資産形成判断ができる。
・目の前のマイホーム購入だけでなく、将来のこどもの教育までふまえて人生を見通せる。
・フルタイムを辞めた場合、専業主婦になった場合などの人生の選択肢をシミュレーションしたうえで、購入するか否かを決められる。
・自分が何を不安に思っているのか、不安を解消するためにはどうすればいいのかが具体的にわかる。
・子供が1人の場合、2人の場合、公立の場合と私立の場合など、未確定な将来をいくつかのバージョンで考え、最もお金がかかる場合でも無理なく支払えるローン金額を知ってから、家を買える。
・今後予想される出費を事前に知ることができるので、想定外の事態を回避できる。

無料でFPに相談する

なぜ、FPに相談するといいことがあるの?

・実績のあるプロに直接相談ができる。一般的な話ではなく、自分の場合、この物件の場合等なのかを具体的に話せる。
・知らなかったことを知ることができる。
・直接相談し、相談相手がどんな経歴で、どんなことの専門なのかを知ることができるので、信ぴょう性のある回答かどうかを判断できる。
・こまごまといろんな人へ相談するのではなく、トータルで信頼できる1人に相談できる。
・家のことだけでなく、自分の家族構成や収入を知り尽くしたお金のプロにトータルで相談ができる。
・目の前の問題(マイホーム)だけではなく、将来含めた話が聞けるので、将来への不安が無くなる。
・働き方の変更やいくらくらいの収入があればいいのかを具体的にイメージできる。
・人に相談することで、自分でも気づいていなかった不安を明文化できる。悩み事が何なのかがはっきりする。
・将来をパターン化して未来予想できるので、選択肢がはっきりする。(3000万の家ならこども2人、5000万の家ならこども1人等)
・旅行や趣味、ペットの有無などを想定しマイホーム計画を立てられる。

住もうよ!マイホームの特長

住もうよ!マイホームでは、あなたの状況を理解し、住宅購入の悩みを解決に導くことのできる住宅購入に慣れたFPをご紹介いたします。住宅購入の相談に適切に対応できるファイナンシャルプランナーは多くありません。私たちのFPネットワークの中から、あなたのお悩みに合わせた特長をもつファイナンシャルプランナーを選定します。

住宅を購入(契約)する前にFPに相談することをオススメする理由

・買ってから後悔しても遅い
・悩みはマイホームだけではない。マイホームがきっかけで人生のお金をイメージ。
・今買うメリット、今は買わないメリットをはっきりさせる
・お金に関するトータルアドバイザーを手に入れるチャンス
・マイホーム買った後にライフイベントは動きがち。
(こどもの教育費や旅行など、住む場所での平均額が異なるため)
・マイホーム購入という分岐点で、人生計画を明確化できる
・物事の判断基準を今のうちに明確にした方が、この後も迷わない。

無料でFPに相談する

FP紹介

ひらおかFP:住宅購入を積極的に支援してくれる、リーダーシップあふれる男性ファイナンシャルプランナーです。一都三県限定で対面またはオンラインでの相談が可能です。
いしいFP:住宅業界出身のため、住宅購入に特に詳しい男性ファイナンシャルプランナーです。相談者に寄り添うフォロワー型のFPです。一都三県での対面相談の他、全国でオンライン相談も可能です。
みずのFP:住宅業界でのセミナー実績がある女性ファイナンシャルプランナーです。女性のFPに相談したい方にはご紹介したいFPです。全国でのオンライン相談が可能です。

他にも、住宅購入に詳しく、マイホーム相談の多いファイナンシャルプランナーが、あなtなおお悩みを解決いたします。

お客様の声

A様:不動産会社が住宅ローンの審査を急がせるので不安だったのですが、FPに相談できてほっとしました。
B様:どのFP会社に相談すればいいかわからなかったので、優秀なFPを紹介してくれて助かった。
C様:こちらの質問に難でもズバズバ答えてくれるので本当に頼りになった。
D様:わたしの意見を否定せずに聞いていただき、泣きそうになりました。自分なりに納得して家を買えそうです。
E様:背伸びした予算のマンションを購入したかったため、老後のお金が不安になったが、老後のお金の準備までアドバイスをもらえて安心できた。

相談の流れ

ステップ1:無料相談フォームから情報を送信する
ステップ2:住もうよ!マイホーム事務局から本人確認の電話を受ける
ステップ3:あなたの状況に合ったFPを紹介してもらう
ステップ4:紹介されたFPに相談する

最大3回までファイナンシャルプランナー変更を承ります!

最大3回までファイナンシャルプランナー変更を承ります!

ご紹介したファイナンシャルプランナーが「思っていた感じと違う」「なんとなく不安」「しっかり話を聞いてくれない」「あまり詳しくなさそうだ」「保険の話ばかりされる」など、ご自身にとってしっくりこない場合は、担当者変更をお申し出ください。

当サービスでは、複数のFP会社と共同でご相談を承っておりますので、別のFP会社や別のFPを改めてご紹介いたします。

※ご希望条件によっては追加でのご紹介ができない場合もございますのでご了承ください。

無料相談はこちら